WordPress

WordPressのサイトヘルスで「改善が必要」と表示されたときにまずすべきこと

こんにちは。安慶名勇子(アゲナユウコ)です。

WordPressにサイトヘルス機能が搭載されましたね。かつては自分自身であれこれ気をまわしてサイトの状態をチェックする必要がありましたが、WordPressから「問題が出てるよ!直してね!」と教えてくれるようになったんですもの。サイト運営者にとっては非常にありがたい機能です。

WordPressのダッシュボード、または ツール→サイトヘルス を選択すると、サイトの健康状態が確認できるわけですが、もちろん理想は「Good」と表示されていること。

「改善が必要」と表示されている場合には何かしらのメンテナンスを行う必要があります。

「サイトヘルス画面」のリンクをクリックすると詳細が表示されますが、これらの項目をひとつひとつ修正していくと骨が折れます。専門用語も出てくるため、Web周りの知識やプログラミングに自信のない方にとっては、何から手を付けていいのかわからない…と悩んでしまうのではないかと。

そこで今回は、サイトヘルスにて「改善が必要」と表示されたときにまずやるべきことに絞って紹介していきます。

とにかく最新版にバージョンアップしまくること

「ホームページやブログは、一度構築してしまえばあとは何もしなくてもOK」と思っている人もいるようですが、そんなことはありません。WordPressもデータベースも進化し続けています。その進化に適用するべく、ホームページやブログもメンテナンスを行う必要があるわけです。専門知識があればなお良しですが、そうでなくても大丈夫。基本的には、環境を最新版に更新するだけです。

具体的には

  • WordPress自体を最新版に更新
  • 使用しているWordPressテーマを最新版に更新
  • プラグインの更新または削除
  • レンタルサーバーのPHPやSQLデータベースを最新バージョンに更新

といったところ。

脆弱性をつかれハッキングに遭ってしまったり、検索エンジンでの表示順位が落ちてしまったり…ということが起こらないとも言えないため、しっかり更新するようにしましょう。各項目の更新手順は下記をご参照ください。

WordPress自体を最新版に更新

WordPressのダッシュボードにこのような文字が表示されたら更新のタイミング。

「今すぐ更新してください」をクリックしたあとに表示される画面で、「今すぐ更新」ボタンを押せば完了です。

更新後、ホームページやブログにWarningが表示される場合は、WordPressの仕様にマッチしていない古いバージョンのテーマを使っている可能性がありますので、テーマの更新も併せて行ってください。

使用しているWordPressテーマを最新版に更新

左サイドバーにオレンジのマークがついたらテーマ更新のタイミング。

使用しているテーマによって更新方法は異なります。

WordPressの「テーマ」からインストールしたものを使用している場合は、更新ボタンをクリックするだけでバージョンアップできますが、外部で購入したテーマを使っている場合は、提供サイトから最新バージョンのZIPファイルをダウンロードし、インストールし直す必要があります。

注意しなければならないのは特注テーマ。サイト作成時にWeb制作業者に依頼して作ってもらったオリジナルテーマを買切りで購入した場合、「WordPressテーマのバージョンアップは費用に含まないため、WordPress自体のアップデートで必要となるテーマの改修・更新は行わない」という契約になっているところもある様子。メンテナンス契約をしている場合は大丈夫だとは思うのですが…このあたりは制作業者に確認してみてください。

プラグインの更新または削除

こちらもオレンジのマークがついたら更新してください。「プラグイン」をクリックして表示される画面にて一括選択のチェックを入れ、プルダウンメニューを「更新」にし、適用ボタンを押すと楽。更新の必要があるプラグインを抽出して更新してくれます。

プラグイン同士が干渉してエラーを引き起こすこともあるため、使用するプラグインは最小限にとどめた方がいいと思います。また、使用していないプラグインは削除しておきましょう。

PHPやSQLデータベースを最新バージョンに更新

こちらはWordPressの管理画面で行う話ではなく、使用しているレンタルサーバーにて行う更新処理です。更新の必要がある際にはレンタルサーバーからメールで通知が届くはず。主に更新が必要なのはPHPのバージョンアップ。SQLデータベースの更新は必要に応じて行うという感じです。

下記はXserverの管理画面です。「PHP Ver. 切替」をクリック後、該当のドメインを選択したら

「変更後のバージョン」プルダウンメニューをクリックし「推奨」と表記されているバージョンを選択して変更ボタンを押せば完了です。

変更後はホームページやブログを表示し、エラーが出てないことを確認してください。PHPバージョンに対応していない古いバージョンのテーマを使用している場合、Warningが表示されることがあります。その際はテーマを最新バージョンに更新してください。

SQLデータベースの更新方法も、お使いのレンタルサーバーによって異なります。詳しくはお使いのレンタルサーバーのホームページをご覧ください。

Xserverの場合、古いSQLから新しいSQLへの切り替えが簡単にできるツールが用意されています。

MySQL移行ツールをクリックし、あとは画面の指示に従って操作すればOK。移行後はwp-config.phpファイルの書き換えをお忘れなく。

このような画面になればOK

更新後、サイトヘルスを確認するとこのような画面になっていればOK。

いろいろ更新してみたものの、まだ「改善が必要」と表示されている場合は何かしらのエラーが起こっている可能性があり、さらに細かな処置が必要です。

ひとまず大事なのはWordPressの管理画面でオレンジのマークを発見したらすぐに更新すること。トラブルが起こる前に防止する。この意識が大事です。ぜひ試してみてください。

【Vol.089】活字から受ける印象で振り回されないために前のページ

WordPress TCDテーマで地図のピンがずれたときの対処法次のページ

ピックアップ記事

  1. 電子ペーパー・クアデルノ(A4サイズ)の購入を決めた理由

関連記事

  1. WordPress

    WordPress「サイトに重大なエラーがありました」の解消方法

    WordPressにてホームページを運用されている方の相談に乗っ…

  2. WordPress

    Instagramの埋め込みコードがWordPressでエラーになる現象の解消方法

    Instasramのある投稿をWordPressのサイトバーに表…

  3. flat screen monitor

    WordPress

    WordPressで管理者メールアドレスが変更できないときの対処法

    メールアドレスが変わった、WordPressの管理者が変わった……

毎週金曜更新!安慶名勇子のPODCAST

最近の記事

PAGE TOP