WordPress

WordPressでサイトマップを簡単に作成する方法

こんにちは。安慶名勇子(アゲナユウコ)です。

今回はサイトマップのお話を。インターネット用語の『サイトマップ』には2種類あります。検索エンジンがクロールするためのXMLファイルもサイトマップと呼びますし、ユーザーの利便性向上のために設置する目次ページのこともサイトマップと呼びます。

今回の記事で取り上げるサイトマップとは、ユーザーの利便性向上のための目次ページのことで、文字通りサイトの地図のようなもの。ブログを構成しているページ一覧があった方が目的のページを探しやすくなるので、ぜひサイトマップを設置しましょう。

サイトマップのイメージ

まずはイメージをつかむために下の画像をご覧ください。このブログに設置しているサイトマップのページをキャプチャしたものです。

これ、1つずつ私が直打ちで書いているのではなく、自動で作成されているページです。新しい記事を投稿すれば、このページにも自動で目次が追加されますし、記事を編集・削除した場合でも自動で修正されます。

手間いらずなのですごく便利なのです。

サイトマップの設置方法

サイトマップを自動作成する機能を実装するにはプラグインが便利です。

プラグイン PS Auto Sitemap をインストール

サイドバーの『プラグイン』→『新規追加』を選択します。

キーワード欄に『PS Auto Sitemap』を入力します。

いくつか候補が出てくるので『PS Auto Sitemap』を探し、『今すぐインストール』をクリックします。

インストール完了後、『有効化』をクリックすれば準備完了です。

サイトマップページの準備

固定ページを新規作成します。

新規固定ページには下記コードを記述します。

ページを『公開』した後、その固定ページのIDを取得します。『固定ページ一覧』をクリック。

作成したサイトマップの固定ページにカーソルを合わせると、ブラウザ下のステータスバーに文字が表示されるので、『post=』と『&』で挟まれた数字をメモしておきます。この数字が記事のIDです。

PS Auto Sitemap の基本設定

『設定』→『PS Auto Sitemap』を選択します。

設定画面はこんな感じです。一つずつ解説していきます。

ホームページの出力

サイトマップにトップページを表示したい場合はチェックを入れ、表示させない場合はチェックを外します。

『ホームページ』の出力にチェックを入れると、こんな感じでトップページ(ホームページタイトル)が表示されます。↓

チェックを外すとこんな感じ。ホームページタイトルは表示されません。

投稿リストの出力

投稿リストとは記事ページのこと。通常はチェックを入れたままでOK。

固定ページリストの出力

固定ページをサイトマップに含めたい場合はチェックを入れます。

サイトマップを表示する記事

サイトマップを作った際、固定ページのIDをメモしていたかと思いますが、そのID番号をこの欄に入力します。

出力階層制限

サイトマップに表示される項目の階層を何段目まで行うかという指定です。プルダウンメニューをクリックすると、このようにずらっと出てきます。

特にこだわりがなければ『制限なし』でOK。

先に出力するリスト

サイトマップ投稿(記事ページ)から表示させるか、固定ページから表示させるかという選択を行います。こちらも通常は『投稿』でOK。

カテゴリーと投稿の表示

除外カテゴリ

サイトマップに表示したくないカテゴリーがある場合は、カテゴリーID番号を入力します。

除外記事

サイトマップに表示したくない記事があれば、その記事IDを入力します。テーマ上必要なダミーページや、表には出さないページの番号を入力すればOK。

スタイルの変更

『スタイルの変更』項目のプルダウンメニューをクリックすると

このようにずらっとスタイルが出てきます。

このなかから好きなデザインを選べばいいのですが、デザインを確認するにはひとつひとつ設定して画面を確認するしかありません。

せっかくサイトマップを設置するので、自分のブログにあったサイトマップにしたい!と思いますよね。妥協はしたくないので…すべてのスタイルを試してみましたのでご覧ください。これから設置しようと思っている方の参考になれば。

『スタイルなし』の場合↓ ブログのリスト表示の仕様で表示されます。

『シンプル』の場合↓

『シンプル2』の場合↓

『チェックリスト』の場合↓

『蛍光ペン』の場合↓

『ドキュメントツリー』の場合↓

『付箋』の場合↓

『音符』の場合↓

『矢印』の場合↓

『ビジネス』の場合↓

『索引』の場合↓

『アーバン』の場合↓

『アンダースコア』の場合↓

『キューブ』の場合↓

キャッシュの使用


ページの表示速度を速めたいなら『キャッシュの使用』はチェックを入れておきましょう。

変更を保存

好みの設定に変更したら『変更を保存』を押して確定させます。これで設定完了です。

読者のためにも自分のためにもサイトマップを

サイトマップって、ブログの全体像がひとめでわかるので、読者にとっても自分にとっても使い勝手か良いページです。サイトマップを見ながら記事を追加したり、リライトしたりできますしね。

また、サイトマップ自体が内部リンクとなっているため、SEO対策にもなります。設置も難しくないのでぜひお試しください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で安慶名勇子をフォローしよう!

関連記事

  1. WordPress

    < が &lt; と表示されてしまう Crayon Syntax Highlighter の問…

    私、Wordpressのカスタマイズが好きでして、寝食を忘れてコ…

  2. WordPress

    Table of Contents Plus:特定の記事のみ目次を非表示にする方法

    Wordpressの目次機能の代表的プラグインである Table of…

  3. WordPress

    Table of Contents Plus の目次が画面からはみ出る現象を解決

    Table of Contents Plus というプラグインを…

  4. WordPress

    WordPress で目次を自動作成!Table Of Contents Plus の設定方法

    ブログにおいての『目次』って、飲食店でいうお品書きと似ていると感…

  5. WordPress

    TCDテーマMAGで背景色や背景画像を設定する方法

    このブログはTCDのMAGというWordPressテーマで作って…

毎週金曜更新!安慶名勇子のPODCAST

PAGE TOP