2022/04/23 本日のPodcastはお休みします。

GASで日付や時間を扱うならタイムゾーン設定を先に変更しておくべし

Google Spreadsheet・GAS

こんにちは。安慶名勇子(アゲナユウコ)です。

Google SpreadsheetでGASを記述する際、日付や時間の処理って結構な頻度で出てきます。その際、日本時間で取得したいのに全然違う日付(または時間)になってしまうなんてこともあり、そのたびにUtilities.formatDateで表示形式を整える…なんて面倒じゃありませんか?

下記の例をご覧ください。簡単なプログラムなんですが、現在時刻(2021年10月25日、22時15分)を取得してみたところ、13時15分と表示されました。グリニッジ標準時が取得されているため、日本時間ではない時間が表示されてしまうわけです。

これを日本時間に変更するには、Utilities.formatDate(now, “JST”, “yyyy/MM/dd HH:mm:ss”)); といった1文を追加する必要があるわけですが、毎回この処理をするのは面倒なので、タイムゾーン設定を日本時間に変更したいと思います。

タイムゾーン設定変更方法

  • Google App Scriptを開き、左サイドバーの「プロジェクトの設定」マークをクリック
  • 『「appsscript.json」マニフェスト ファイルをエディタで表示する』にチェックを入れる

  • 「エディタ」に戻る
  • ファイルに「appsscript.json」が表示されているので、プログラムの内容にある“timeZone”:を”Asia/Tokyo”に変更し、保存ボタンを押す

日本時間で表示されるか確認してみる

この変更を行った後、再度現在時刻を取得してみるとこうなりました。ちゃんと日本時間になっていますね(実行時は 2021年10月25日、23時02分でした)。大成功。

念のために appsscript.json ファイルは非表示に

あとは、appsscript.jsonを間違って変更してしまわないように、非表示設定に戻しておきます。


以上、設定しておくと後々助かる、タイムゾーン設定の変更方法でした。ご参考にどうぞ。

Yuko Agena

Yuko Agena

モノづくりやひとり旅、ガジェット好きのソリスト。仕事のこと、プライベートのこと、日々の出来事や思考を記録しています。

関連記事

特集記事

Yuko Agena

Yuko Agena

仕事のこと、プライベートのこと、日々の出来事や思考をジャンルを問わず気ままに記録しています。どちらかというとソリストで、ひとり旅やモノ作りが好き。

更新情報

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. 【Vol.159】カールおじさんになってしまった原因を探る。デジタルツールと健康のお話。

  2. 【Vol.158】初めて訪ねた眼鏡屋さんでの体験。ビジネスもプライベートも大事なのは○だよね…って話。

  3. 【Vol.157】この連休で達成したことと未達成なこと。計画や時間の他に見逃しがちなもうひとつの要素について。

  4. 【Vol.156】大型連休に突入!徹底的なメンタルケアのためにGWはこう過ごす。

  5. 【Vol.155】自分のためにと決めたことが自分を苦しめてはいないか。決めないことが自分を救うこともある…という話。

ランキング

  1. 1

    WordPress「サイトに重大なエラーがありました」の解消方法

  2. 2

    テレビなしの生活を10年以上続けている私が感じる、テレビのない生活のメリット・デメリット

  3. 3

    WordPressで管理者メールアドレスが変更できないときの対処法

  4. 4

    YouTubeで流行っているらしいflixzoneを推奨するスパムコメントに気をつけて!

  5. 5

    Todoistは有料版がおススメ!無料版との違いと使い心地をグランドマスターが解説してみる

TOP